米Amgen社は、2012年3月25日、PCSK9阻害薬AMG145のフェーズIb試験で得られた好結果が米心臓学会議(ACC)で報告されたと発表した。AMG145が、スタチンを使用していてもLDLコレステロール(LDL-C)値が目標域に入らない患者やスタチン非忍容患者に対する新たな選択肢となる可能性が示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)