理化学研究所医科学研究センター(CGM)と東京大学医学部付属病院は、日本人集団を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、日本人の2型糖尿病の発症に関わる新たな遺伝子領域ANK1を発見した。英Human Molecular Genetics誌への掲載に先立ちオンライン版で2012年3月28日(日本時刻、英時刻は3月27日)に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)