米Texas Heart Instituteの研究者らは、慢性虚血性心疾患患者を対象疾患とした自家骨髄単核(BMC) 細胞のフェーズII臨床試験で、統計上有意な差異が示されなかったと発表した。研究成果は、米心臓学会議(ACC)年次大会に合わせAMA誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)