青森県産業技術センター工業総合研究所環境技術部の内沢秀光部長らは、シジミから見いだした新規のオルニチン(Orn)トリペプチドが、肝臓を保護する作用を発揮することを、マウス由来ES細胞から作製した肝組織などを用いて見いだした。魚貝類卸問屋・貿易業の福島商店(青森市、福島達也社長)と東京工業大学大学院生命理工学研究科生体分子機能工学専攻の田川陽一准教授らとの共同研究の成果。京都市で開かれている日本農芸化学会2012年度大会で2012年3月23日に内沢部長が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)