キリンホールディングスのフロンティア技術研究所(横浜市金沢区、水谷悟所長)は小岩井乳業と共同で、乳酸菌Lactococcus lactis CM5805株入りのヨーグルト飲料が、ウイルス感染防御の免疫を賦活する機能を発揮することをヒト試験で確認した。京都市で開かれている日本農芸化学会2012年度大会で、2012年3月23日にこの成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)