ノエビアグループの常盤薬品工業は、大豆イソフラボンが、メラニン生成に関わる酵素であるドーパクロムトートメラーゼ(DCT)を抑制し、美白に役立つことを見いだし、その作用のメカニズムを解析した。京都市で開かれている日本農芸化学会2012年度大会で2012年3月23日、ノエビア研究開発部が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)