日本リウマチ学会は、2012年4月26日から28日まで東京都のグランドプリンスホテル新高輪で開催される学会総会・学術集会を前に、3月22日にメディアセミナーを開催した。2011年2月に公知申請で投与量の上限が増え、第1

択薬として使用できるようになったメトトレキサート(MTX)を使った治療戦略が話題の中心だ。国内で使用できる6種類の生物製剤では、市販後全例調査が実施されたため、MTXとの併用時の患者に対する効果が浮き彫りになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)