ドイツMax Planck研究所の分子生物医学チームは2012年3月22日、完全分化した体細胞から体性幹細胞を作製することに初めて成功したと発表した。本研究では、マウスの皮膚細胞を採取し、最適な培養環境下で独自の組み合わせの成長因子を用いることで、直接、体細胞から神経幹細胞に分化するように誘導することができたという。この研究で、同研究所は幹細胞研究で再びトップに立つことができたと考えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)