日本農芸化学会2012年度大会が2012年3月22日、京都市で開幕した。初日は、ウェスティン都ホテル京都で学会賞などの授賞式と受賞者講演が行われる。組織委員長は京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻の加納健司教授が務めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)