名古屋市立大学は2012年3月19日、大学院医学研究科展開医科学分野の原田直明准教授を懲戒免職、岡嶋研二教授を停職6カ月とする処分を発表した。同大学は、両氏が作成に関わった複数の論文で、データの捏造(ねつぞう)ったと認定した。大学内の調査専門委員会が、調査を行っていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)