公募型の共同研究である「シオノギ創薬イノベーションコンペ(Pharma-Innovation Discovery competition Shionogi:FINDS)」の仕組みをつくり、産学連携に取り組んでいる塩野義製薬のイノベーションデザイン部門の松本弥生氏(写真中央)と同部門の坂田恒昭部門長(写真左)に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)