米Cobalt Technologies社は2012年3月7日、バイオマスの前処理プロセスの実証試験が成功し、n-ブタノールの商業規模生産に向け大きく前進したと発表した。Cobalt社は、パルプ・製紙業向け設備・プラントの大手サプライヤーであるオーストリアANDRITZ社と共同で希酸加水分解前処理プロセスを試験した。この前処理プロセスは、再生可能化学品や燃料として使用されるn-ブタノールを糖類から変換するCobalt社プロセスの第1テップとなるもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)