米University of Wisconsin-Madisonの研究チームは2012年3月15日、ヒト胚性幹細胞(ヒトES細胞)から作製したGABAニューロンをハンチントン病マウスモデルに投与したところ、破壊されている脳回路が再構築され、マウスの運動能力が回復したと発表した。論文はCell Stem Cell誌3月15日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)