米Organogenesis社は2012年3月12日、米食品医薬品局(FDA)が口腔軟組織(歯肉組織)の退縮の治療に用いる細胞シート「GINTUIT」を承認したと発表した。臨床試験では、GINTUIT治療により審美的に魅力ある新しい歯肉組織が再生されることが示されている。また、同製品はFDAの生物学的製剤評価研究センター(CBER)が承認した初の同種細胞由来製品となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)