米Memorial Sloan-Ketteringがんセンターの研究チームは2012年3月14日、ATRX遺伝子の特定の変異が進行期神経芽細胞腫の小児および青年患者の診断時年齢に関連していると発表した。研究論文はJAMA誌2012年3月14日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)