イスラエルのBrainStorm Cell Therapeutics社は2012年3月12日、多発性硬化症(MS).に対するNurOwn幹細胞技術の効果を評価するため、前臨床試験を開始する計画であると、発表した。培養細胞を用いた実験および動物実験で、MSに対するNurOwn幹細胞技術のPOCが既に確立している。同社は、2012年第2四半期に前臨床試験を開始する計画である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)