日本化学会は2012年3月13日、新たに7件の化学遺産を認定したことを発表した。そのうちの1つは「認定化学遺産 第013号 鈴木梅太郎ビタミンB1発見関係資料」。3月25日に慶応義塾大学日吉キャンパス(横浜市)で開催される第6回「化学遺産市民公開講座:継続する化学遺産認定」で、荒井綜一・東京農業大学綜合研究所客員教授/東京大学名誉教授が「認定化学遺産13:鈴木梅太郎とビタミンB1―化学で拓く生命科学」と題した講演を30分行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)