2012年3月7日に大阪で開催された第9回分子複合医薬研究会で、理化学研究所核酸合成生物学研究チームの平尾一郎チームリーダーは、理化学研究所発のベンチャー企業であるタグシクス・バイオ(横浜市鶴見区、平尾一郎社長)と共同で、人工塩基を組み込んだ機能性アプタマーの創製に成功したことを報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)