米Weill Cornell Medical Collegeの研究者らは、細胞をエンジニアリングして、“Spinach”と呼ばれる改変したRNAを発現させることで、生きている細胞内の低分子の代謝物をイメージ化し、代謝物のレベルの経時変化を観察した。研究成果は、2012年3月9日付のScience誌に掲載された

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)