American Chemical Society(ACS)は2012年2月29日、ACSが発行するEnvironmental Science & Technology誌のWeb版(2012年2月9日)に掲載された論文「Bioenergy Potential of the United States Constrained by Satellite Observations of Existing Productivity」を引用し、既存技術で現在のバイオ燃料の生産目標(2022年までに年産360億ガロン)を達成するには、現在の米国の農地のほぼ80%にエタノール生産用トウモロコシを栽培するか、あるいは既存の牧草地の60%をバイオ燃料用に転換しなくてはならないという論文内容を紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)