神戸大学大学院医学研究科の清野進教授、西村紀客員教授、松原稔哉客員研究員らの研究グループがインスリン抵抗性を促す脂肪細胞由来のたんぱく質として同定したプログラニュリン(PGRN)に関して、2012年3月7日付のCell Metabolism誌で神経変性疾患との関与を巡る議論がなされている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)