米Alexion Phamracueitcals社は、2012年3月7日、先天性低ホスファターゼ症(HPP)の乳幼児に酵素補充療法アスフォターゼα(以前はENB-0040と呼ばれていた)を投与したフェーズII試験で得られた好結果が、米Shriners小児病院のMichael P. Whyte氏らによってNEJM誌2012年3月8日号に報告されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)