両備ホールディングス(岡山市、小嶋光信会長、松田久社長)は、経済産業省のプロジェクトに参加して2年半ほど前から事業化を進めてきた植物工場の稼働台数を年内に倍増する。2012年3月6日に千葉市で開会したFOODEX JAPAN 2012の経産省のブースに出展し、省エネルギー・省スペースに対応できる独自開発のLED照明装置も展示している。「今回の展示会では中国からの来客が特に目立つ」と両備HD経営サポートカンパニー企画開発部の水田満部長(両備グループのソレックスの常務取締役を兼任)は話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)