2012年4月1日に実施される薬価基準の改定が2012年3月5日に官報告示された。長期収載品の追加引き下げを含んだ実質改定率は6.25%の引き下げとなる。生物学的製剤を中心に解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)