日本農芸化学会は、被災地理科教育支援事業の目録贈呈式を2012年3月24日、京都女子大学体育館のジュニア農芸化学会2012「高校生による研究発表会―化学、生物、環境―」の会場内で行う。3月7日に都内で開催された同学会の記者会見で、日本農芸化学会の太田明徳会長が概要を解説し、被災地理科教育支援特別委員会の委員長を務める京都大学大学院農学研究科の阪井康能教授が、この支援事業の経緯と進捗状況などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)