英Heptares Therapeutics社のMalcolm Weir最高経営責任者は、2012年3月5日に本誌のインタビューに答え、同社のGたんぱく質共役型受容体(GPCR)安定化技術StaRと、GPCRに対する創薬について説明した。細胞膜から外すと不安定になるGPCRに変異を加え、活性型に固定するもので、結合アッセイや構造ベースの薬剤設計(SBDD)を容易にする技術だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)