米Cytokinetics社は2012年3月5日、薬剤候補「CK-2017357」が速骨格筋のトロポニン複合体を活性化する作用機序を明らかにした前臨床研究の論文をNature Medicine誌2012年3月号で発表した。神経筋疾患の画期的な治療戦略になる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)