2012年2月29日に発表された米Boston Biomedical社(以下、BBI社)の買収については、2つの点で興味深いと考えている。1つは「財務諸表に対する影響を最小限に抑えたところ」。もう1点が「Boston社の候補品の潜在能力」と見ている。(訂正)「一方で、分化したがん細胞に対しては効果が低いようだ」という文章を削除しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)