カナダAllon Therapeutics社は、8アミノ酸から成る神経保護作用を持つペプチドDavunetideの臨床試験を進めている。進行性核上性麻痺(PSP)に対する臨床試験フェーズII/IIIは2011年秋に患者登録が完了し、2012年末にも終了予定だ。2012年2月28日から3月1日まで都内で開催された核酸・ペプチド医薬に関する国際会議Asia TIDESでは、統合失調症に対するフェーズIIaの状況を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)