厚生労働省は2012年3月1日、遺伝子組み換え食品添加物5品目について安全性の確認を企業に通知した。5品目とも高度精製品に相当するため、組み換えDNA技術を応用した食品および添加物に該当しないと見なされる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)