英University of Yorkなど、欧州およびオーストラリアの8カ国の研究者から構成される国際研究チームは、土壌に自然にすむ最も変異しやすいバクテリアの1つである枯草菌が、社会や環境にとって役に立つのを支援する研究成果を発表した。研究成果はScience誌に2012年3月2日に掲載された2つの論文に示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)