70年以上前に登場したサルファ薬は当時の医療に革命をもたらし、数百万人以上の命を救ってきた。米St. Jude Children's Research Hospitalの研究チームは2012年3月1日、サルファ薬の殺菌メカニズムを分子レベルで解明し、細菌内の重要な酵素構造を発見したと発表した。安全性がより高く、薬物耐性を起こしにくい次世代の抗生物質の基盤となる知見だとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)