カナダTekmira社のPeter Lutwyche副社長(写真左)は、本誌のインタビューに答え、臨床試験中のsiRNA医薬の3分の1が採用している同社の脂質ナノ粒子(LNP)を用いた伝達技術について語った。Lutwyche博士は、Tekmira社のIan MacLachlan上級副社長兼最高科学責任者(写真右)と共に、2012年2月28日から3月1日まで東京都のシェラトン都ホテルで開催していたAsia TIDESのために来日した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)