農業生物資源研究所(NIAS)は2012年2月24日、「第6回フィブロイン・セリシンの利用研究会―シルク材料の機能化の展開―」を都内の秋葉原コンベンションホールで開催し、最新の成果を発表した。研究会には70人ほどが参加し、日本のシルク産業の再興を期待する質問も寄せられた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)