農林水産省は「バイオ燃料生産拠点確立事業」(2012年度政府予算案で21億6600万円)、「ソルトセルロース利活用技術確立事業」(同4億1200万円)などで、バイオエタノール関連の研究開発を支援している。同省バイオマス事業推進室の山田耕士室長に、今後の方針などについて聞いた

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)