全国納豆協同組合連合会(全納連)が主催する第17回全国納豆鑑評会が2012年2月17日に青森市で開催され、224点の出品の中から最優秀賞の農林水産大臣賞には、豆蔵(北海道)の「つるの子納豆」が選ばれた。鑑評会の集計作業中に世界納豆普及協会が主催する第2回世界納豆まぜまぜ選手権や第2回世界納豆のびのび選手権が開催されたのに続き、審査員8人のうちの1人である自治医科大学附属さいたま医療センターの早田邦康准教授が「納豆=長寿の源であるポリアミンの王様」と題する講演を行った。2013年の第18回全国納豆鑑評会は栃木県で開催される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)