抗がん剤タミバロテンを創製した乙卯研究所の首藤紘一所長(国立医薬品食品衛生研究所名誉所長、東京大学名誉教授)は2012年2月22日、本誌の取材に応じ、タミバロテンのアルツハイマー病の適応での臨床試験を、大阪市立大学医学部付属病院の老年内科・神経内科の三木隆己教授が中心になって実施していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)