米Massachusetts General Hospital(MGH)の研究チームは2012年2月26日、出産可能年齢のヒト女性の卵巣から卵子産生幹細胞を初めて単離することに成功し、これらの細胞が正常な卵細胞を産生できることを確認したと発表した。これらの結果はヒト女性において出産可能な期間はずっと卵子が継続的に産生されていることを示唆している。研究論文はNature Medicine 誌2012年3月号で発表される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)