キユーピーは、卵黄レシチンを配合した流動食は下痢を起こしにくいことをラットのモデル実験で見いだした。済生会福岡総合病院内科と共同で実施した研究成果を2012年2月23日、神戸市で開催中の第27回日本静脈経腸栄養学会で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)