新日本科学子会社のキラルジェンは、立体化学を制御した核酸合成を実現すべく技術開発中だ。アンチセンス医薬やsiRNA医薬、アプタマー医薬など核酸医薬に用いられる、オリゴヌクレオチドのリン原子に化学修飾した核酸誘導体は、現在の合成法では光学異性体の混合物になる。キラルジェンは、光学異性体の交らない立体化学的に純粋な素材を、核酸医薬の実用化を狙う製薬企業などに提供することを目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)