米環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)は2012年2月17日、エタノール生産者の業界団体であるGrowth EnergyがClean Air Act(CAA:大気浄化法)に基づいて2009年3月に提出したE15ガソリンブレンドの排出と健康への影響に関わる報告書の内容を承認したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)