全身に血液を送る大血管である大動脈に形成された瘤(こぶ)状の膨らみ、大動脈瘤は破裂しない限り大きくなり続ける。この大動脈瘤の破裂を阻止するアプローチとして、米Stanford University医学部の研究チームは2012年2月22日、2種類の小さな分子が動脈瘤の成長を遅延し破裂を予防する作用を持つことを発見したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)