はごろもフーズは、静岡県焼津市に新設したバイオプラントで生産するマグロエラスチン素材「マグロエラスチンHS-1」の販売を強化する。マグロエラスチンHS-1は、同社がマグロの心臓から分離・抽出し、エラスチンを酵素分解したペプチドの粉末素材で、2010年から原料としての供給を開始した。エラスチンはコラーゲンとともに美肌成分として化粧品やサプリメントなどに配合されているが、原料の多くが海外産。マグロエラスチンHS-1は、同社の代表商品の1つシーチキンの原料を使っていることから、国産の強みを生かし、安全・安心をアピールしたい考え。2012年2月2日に都内で開かれた第54回食品新素材研究会で「サカナを食べれば将来女優さんになれますか」と題して講演した同社バイオ営業部の名倉洋輔課長代理に事業化の詳細を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)