米California大学Berkeley校は2012年2月9日、化学科の研究チームが従来の触媒を設計し直し、より効率的に水を分解して水素を発生させる新触媒を開発したと発表した。自動車用の水素燃料電池や他の化学工業にも大きな影響を及ぼす可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)