治験中核病院・拠点医療機関等協議会は、現在の「新たな治験活性化5カ年計画」終了後も活動を継続する。2012年2月16日に開催した治験中核病院・拠点医療機関等協議会で、今後の協議会の在り方についての案を示したもの。事務局候補となる4機関(北里大学医学部、国立病院機構東京医療センター、国立病院機構大阪医療センター、大阪大学)と幹事会のメンバーで準備会を設置し、今後の協議会の在り方を検討することになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)