福岡県工業技術センター・生物食品研究所の赤尾哲之・所長、水城英一・生物資源課長は2012年2月13日、本誌の取材に応じ、機能性食品素材などの開発を視野に入れ、3000サンプルから成る福岡県産品の食材ライブラリーを作製していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)