佐賀大学医学部の木村晋也教授が、ブラジルおとぎり草の茎(くき)から抽出した三環系クマリン物質に強力な抗がん作用があることを発見し、2012年2月17日に大阪で開催された「平成23年度バイオビジネスアワードJAPAN」において、その作用機序に関する研究成果を発表した。この発表は「バイオビジネスアワード賞」に選択され、2012年10月に開催予定のBioJapan 2012で発表の機会が与えられた他、副賞100万円が授与された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)