理化学研究所ゲノム医科学研究センター(CGM)循環器疾患研究チームの田中敏博チームリーダー(副センター長兼務)と統計解析研究チームの岡田随象客員研究員らは、日本人と東アジア人集団を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、BMI(Body Mass Index)の個人差に関わる5個の新規遺伝子を同定した。オーダーメイド医療実現化プロジェクトとアジア遺伝疫学ネットワークコンソーシアム(AGEN consortium)に基づく成果。同定した新規遺伝子に関する内容と大規模解析に関わる内容の2報を、Nature Genetics誌オンライン版で2012年2月19日(日本時間2月20日)付で発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)