英Wellcome Trust Sanger InstituteのElizabeth P. Murchison氏らは、世界最大の肉食有袋類であるタスマニアデビル(Sarcophilus herrishli)の全ゲノム配列と、この動物を絶滅の危機にさらしている伝染性の悪性腫瘍のゲノムの解析を行った。結果はCell誌2012年2月17日号に報告された。研究者たちは、新たな発見が絶滅の回避に役立つことを願っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)