米国に本部を置くNPO団体の国際アグリバイオ事業団(ISAAA:International Service for the Acquisition of Agri-biotech Applications)は2012年2月7日、遺伝子組み換え作物(バイオテク作物)は高い普及率で前年に引続き世界で栽培されていると発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)